国民健康保険・厚生年金保険について

メインイメージ

国民健康保険・厚生年金保険について

国民健康保険・厚生年金保険について

 

引越しの際には、健康保険の住所変更手続きも必要になります。
加入している保険によって、手続きの方法が異なりますので、引っ越しが決まったらすぐに確認するようにしてください。
国民健康保険に加入している方が、他の市区町村へ引っ越す場合、国民健康保険の資格喪失手続きが必要です。手続きは、現在住んでいる市区町村役場に直接出向いて行いますが、その際に印鑑と保険証を持参します。
国民健康保険の加入・喪失手続きは、住所を変更した日から14日以内に手続きするという決まりになっているため、引っ越し後に手続きを行っても差し支えありません。
転出届を提出した際に、合わせ資格喪失手続きを行った方が手間を省けます。
引っ越し後には、国民健康保険の加入手続きが必要です。
引越し後、14日以内に、市区町村役場の窓口にて国民健康保険の加入手続きを行います。
この時、印鑑、転出証明書、免許証やパスポートなど本人が確認できるものが必要になります。
同じ市区町村内で引越すのであれば、住所変更手続きのみが必要で、喪失手続きは必要ありません。引越し後14日以内に、市区町村役場に印鑑と保険証を持参し、住所変更手続きを行います。
職場での健康保険に加入しているのであれば、個人で手続きを行う必要はなく、会社に住所変更届を出すだけで、会社で手続きを行ってくれます。
保険のことで詳細を確認したいのであれば、会社の保険担当の方に聞いてみるようにしてください。