固定電話とインターネットの住所変更手続き

メインイメージ

固定電話とインターネットの住所変更手続き

固定電話とインターネットの住所変更手続き

 

引越しが決まったら、固定電話やインターネットのプロバイダーの解約手続きや住所変更届が必要です。

 

固定電話の場合
新居で電話線が引いてある場合、大きな工事をせずにすぐに電話が使えます。
この場合、NTTの局内工事で済みますので、連絡したその日のうちに対応してもらえます。
もし、新居に電話線がない場合、新規の工事が必要になり、作業員を手配しなければなりません。この場合、引越しの2週間前には、NTTに連絡を入れ、工事の日程を調整します。
また、電話番号が変更になる場合、早めに手続きをしておくことをおすすめします。
住所変更手続きや引っ越しの挨拶の際に新電話番号が決まっていると、スムーズに手続きが進みます。

 

インターネットプロバイダーの場合
現在はほとんどの家でパソコンを使用し、インターネットにも接続していることと思います。そのため、引っ越しが決まった場合、プロバイダーにも連絡をする必要があります。
新居ですぐにでもメールやインターネットを使用したいのであれば、早めに手続きを済ませておきましょう。
特に、NTTの工事が必要になる場合、モデムなどの周辺機器も異なることが多く、さらに、回線工事も予約制となっていますので、引っ越しが決まったら早めの手続きが必要です。
電話回線は比較的早く繋がったとしても、工事の予約状況によってはインターネットが開通するまでに時間がかかる場合もあります。
また、引っ越し先によっては、契約を見直したほうが良い場合もあります。
もしプロバイダーを解約しなければならない場合、できるだけ費用が発生しないよう早めに手続きをするようにしましょう。