印鑑登録抹消の手続き

メインイメージ

印鑑登録抹消の手続き

印鑑登録抹消の手続き

 

実印は、市区町村役場に登録された印鑑で、法的な効力を持ちます。

 

転居する際には、実印の登録抹消と再度登録の手続きが必要になります。

 

転居の際には市区町村役場に、転出届を提出しますが、その際、印鑑登録証も持参し、印鑑登録の廃止手続きも同時に行います。
転出届を提出し、印鑑登録証の廃止手続きをすることで、印鑑登録は抹消されます。

 

印鑑登録に関しては、自治体ごとにシステムが異なっています。
自治体によっては、転出届を提出すると同時に、自動的に印鑑登録の抹消手続きができる場合もあります。詳細については、各市区町村役場に問い合わせるとよいでしょう。

 

もし、本人がどうしても手続きに行けないというのであれば、印鑑登録も印鑑登録の抹消も、代理人が手続することが可能です。代理人にお願いする場合、必ず委任状が必要となりますので、自分で委任状を作成し、自筆で署名するようにしてください。
この場合、委任状とともに、代理人の印鑑、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類が必要になります。

 

転居先でも印鑑登録を希望する場合、転居先の役所で印鑑登録の手続きをしなければなりません。役所に転入届を出す際に、実印も持参します。

 

特に、印鑑登録の手続きは時間がかからないため、必要があった場合に登録しても差し支えありません。
同一区内や同一市内での引越しの場合、印鑑登録の手続きが必要ないこともあります。