冷蔵庫の引っ越し

メインイメージ

冷蔵庫の引っ越し

冷蔵庫の引っ越し

 

引越しの際に荷物が破損するという話は良く聞きます。
特に、大型の家具や電化製品は破損しやすい傾向にありますが、引越し業者の責任であるとは限りません。
依頼者の方でも、できるだけ破損しないように工夫する必要があります。

 

特に冷蔵庫は、移動の際には注意すべきことがあり、これらを守らないと壊れやすくなります。
注意事項をしっかり、できるだけ破損を防ぐようにしてください。

 

引越し2〜3日前から、冷蔵庫が空になるようにします。
引越し前日には冷蔵庫を空にして、コンセントを抜いておきます。
冷蔵庫の中には物は残さないようにしてください。

 

冷蔵庫に入っていた食品を運ぶ場合、保冷剤を入れるなどして、臭いが移らないように注意が必要です。
他の荷物と同じ箱に入れずに、自分で運ぶようにします。

 

次に冷蔵庫を運ぶ際に注意すべきことを紹介します。

 

自動製氷機が付いている場合、氷用の水は捨て、氷は溶かしておきます。
また、蒸発皿の水を抜かなければなりませんが、たいていの場合、蒸発皿の水抜きは引越し業者でやってくれます。

 

また、冷蔵庫は立てた状態で搬送しなければなりません。
冷蔵庫を横積みにすると、圧縮機の中の冷凍機オイル(圧縮機の潤滑油)が、冷却システム内に入り込んでしまい、故障する原因となってしまいます。
このようなケースでは、メーカーでも修理できないこともありますので、くれぐれも横積みにしないように注意してください。

 

さらに、新居で冷蔵庫を設置した後は、1時間程度は電源を入れないようにします。
1時間程度置くとオイルとガスが安定しますので電源を入れます。
庫内が冷えるまではドアの開閉を控えめにし、庫内が冷えたら、食品を入れてください。
庫内が冷えるまでには2〜3時間、夏は10時間程度かかります。