金融機関への届け出

メインイメージ

金融機関への届け出

金融機関等への手続き

 

引越しが済んだ多、早めに必要な手続きを行うようにします。
引っ越し前に、新居近くに金融機関やATMがあるかどうか、確認しておくことをおすすめします。
もし、口座を保有している銀行の支店やATMが近くにない場合、解約したり、別の銀行に口座を開設する必要があります。
新居の近くに取引している銀行があれば、引っ越し前に窓口まで出向いて住所変更手続きを行います。手続きには、通帳、届け印、キャッシュカードが必要です。

 

郵貯銀行の場合
住所を変更したり、結婚や離婚などで氏名や印鑑を変更した場合、通帳、証書、保管証の住所変更手続きが必要です。
お届け印を変更する場合、改印手続きも同時に行わなければなりません。

 

クレジットカードの場合
クレジットカード会社が発行するご利用明細書にはお客様サービスセンターの連絡先が記載されています。
カード会社に住所変更の連絡を入れると、後日、カード会社から手続き書類が送付されてきます。その書類に必要事項を記入、捺印して返送します。

 

生命、損保保険の住所変更手続き
保険会社の多くでは、インターネットで住所変更手続きができます。
また、最寄りの支店や営業所に直接出向いたり、電話連絡をすることでも住所変更を行うことができます。
遠方に引っ越す場合、直接住所変更届を出すことが難しくなるケースもありますので、新住所が決まったらなるべく早く手続きを済ませるようにします。
引っ越し後に住所変更届けを出した場合、手続きと入れ違いで、旧住所に郵便物が届けられてしまうこともあります。
郵便局の転送手続サービスを利用し、旧住所宛の郵便物を受け取れるようにしておいてください。