郵便局への転居届

メインイメージ

郵便局への転居届

郵便局への転居届

 

引っ越し先が決まったら、郵便局に転居届を出します。
郵便局に転居届のはがきが置いてありますので、そのはがきに必要事項を記入、捺印して切手を貼らずにポストに投函するだけです。その他、郵便局でも直接手続可能ですし、インターネットでも受け付けています。
できれば、自宅近くの郵便局まで出向いて窓口にて手続きをすることをおすすめします。個人の場合、運転免許証や健康保険証など本人確認と住所確認ができるものと印鑑を持参し、会社や団体の場合、社員証や各種健康保険証など窓口で手続きを行う方と会社・団体との関係が証明できるものを持参します。転居届はどこの郵便局でも手続可能ですが、自宅から遠い郵便局で手続きした場合、手続きに日数がかかる場合があります。
転居届のはがきをポストに投函した場合、郵便配達員が自宅を訪問し、転居する旨の事実確認をおこなうことがあります。
郵便局に転居届のはがきを出すと、引っ越しした後の1年間は、旧住所宛の郵便物を引っ越し先に無料で転送してもらえます。
ただし、転送できない郵便物もあります。例えば、カード類などは、転送不可となっている配達記録郵便で発送するため、新住所に転送することができません。また、普通郵便であっても、転送不可と記載されているものは新居に届けてもらえません。
また、郵便貯金や簡易保険に加入している方は、この転居届とは別に窓口にて住所変更届を出さなければなりません。引っ越し先が決まったら、早めに手続きをするようにしてください。