転校・転入手続きについて

メインイメージ

転校・転入手続きについて

転校・転入手続きについて

 

小中学生の子供がいる場合、引越したら、転校や転入手続きも必要です。
時期によっては、先生方も学籍の処理や雑務などで忙しいため、引っ越しが決まったらすぐに転校する旨報告しなければなりません。
とにかく子供の学校については最優先に考えなければなりません。

 

まずは市町村役場に転入届を提出し、新しい住民票を発行してもらいます。
新しい住民票を教育委員会に提出すると、学校を指定され、「転入学通知書」を渡されます。
そのため、事前に教育委員会の住所や電話番号を調べておくとよいでしょう。
なお、市町村役場で転入学通知書を発行してもらえることもありますので、転入届を出した時に担当者に聞いてみるとよいでしょう。

 

教育委員会から転入学通知書を受け取ったら、指定された学校に行き、届け出をします。
必ず保護者が学校へ出向き、前の学校で発行してもらった在学証明書、教科書給与証明書、教育委員会が発行した転入学通知書を提出し、転校の手続きをします。

 

私立・国立の学校や高校の場合、都道府県の規定が適用されるため、編入希望の学校や都道府県の教育委員会に問い合わせてください。

 

転校先の学校では、これまで使用していたものが使えなくなることもあります。
転校が決まったら、体操服、教科書、その他持ち物について確認し、必要なものは早めに準備するようにしてください。
引越しには手続きや片付けなどやるべきことがたくさんありますので、前もって準備できることは早めにすませておくようにしましょう。