車庫証明の手続きについて

メインイメージ

車庫証明の手続きについて

車庫証明の手続きについて

 

車庫証明は、自動車の所有者が保管する場所を確保できていることを証明するもので、保管場所法で義務づけられているものです。
車庫証明の手続きは、自動車の保管場所がある地域を管轄する警察署で行います。
住所を変更した際には、車庫証明が必要です。

 

車庫証明書を取得するための条件
・自動車の保管場所が住所地(法人の場合、事務所の所在地)から直線距離で2km以内でなければならない
・自動車全体が収納できる広さでなければならない
・道路から入出庫する際何の支障もないこと
・自動車の保有者が自動車の保管場所として使用する権限を持っていること

 

上記に掲げた条件をすべて満たさなければ、保管場所として認めることはできません。

 

自動車保管場所証明書に不備がなければ、1週間程度で交付してもらえます。

 

車庫証明書申請に必要な書類 
収入印紙、住民票または印鑑証明書、印鑑、自動車保管場所証明申請書(軽自動車は保管場所届出書)、保管場所の所在図や配置図、保管場所使用権原疎明書面(自己所有の土地に保管する場合)、保管場所使用承諾証明書、駐車場を借りているのであれば、駐車場賃貸契約書のコピーでも認められます。

 

車庫証明書申請手続きについて

 

自動車の保管場所を管轄する警察署に申請します。
書類に不備がなければ、車庫証明を発行する日を記載した書類が渡されます。警察署によっては口頭の場合もあります。
交付日に警察署へ出向き、車庫証明を受け取ります。