賃貸借契約の解除

メインイメージ

賃貸借契約の解除

賃貸借契約の解除

 

現在の部屋が賃貸物件である場合、賃貸契約の解除が必要です。
卒業、就職、転勤、結婚、その他の理由などで、引っ越すことになった場合、早めに部屋の賃貸借契約解除の手続きを行います。
解約の方法は賃貸契約書に記載されていますので、確認してください。
ほとんどの場合、解約日の1ヶ月から2ヶ月前ぐらいに退去する旨、通知することが定められていますので、解約を申し入れた日から1ヶ月間あるいは2ヶ月間は賃料を払わなければなりません。
解約手続きが遅れてしまいますと、無駄な賃料を払わなければなりませんので、手続きは、早めに行ってください。
例えば、契約書の解約の告知期間が3ケ月前までと定められている場合に、1ケ月前に解約を申し入れても、その後3ヶ月分の家賃の支払い義務があり、2ケ月分の家賃を無駄に支払うことになります。
このようなことにならないためには、引っ越しを決めたら、解約予告をいつまでにしなければならないのか、契約書にて確認するようにしてください。

 

解約申し入れの流れ

 

1.引越し日が決まったらすぐに大家さんか不動産会社に連絡します。
2.引越し日に大家さんか不動産会社の立会いのもと室内チェックをし、それとともに鍵を返却します。
3.数日〜数週間後に原状回復費用の見積もりの提示があります
4.明け渡し後、1ヶ月以内に敷金から原状回復費用および賃料不払い債務を差し引いた残額があれば、敷金を返還してもらえます。

 

引越し日が決まれば、解約日もすぐに決まり、手続きもスムーズになりますが、引っ越し先が決まっていない場合、解約時期を考慮しながら次の物件を探さなければなりません。