荷造りをスムーズにするコツ

メインイメージ

荷造りをスムーズにするコツ

荷造りを上手にやるコツ

 

引っ越し先、引越業者、日程が決まったら、使わないものから順に荷造りを進めていくようにします。
荷造りは、思ったよりも時間がかかりますので、遅くとも引越し日の2週間前には開始しなければなりません。
引っ越し当日は忙しく、ゆっくり休む暇がないことが多いので、引越し日の前夜には当日に備えて身体を休めるようにしてください。
荷造りをする際に、どれから手をつけていいのかわからなくなる方も多いことでしょう。
新居ですっきりした生活をするためにも、不要なものは思い切って処分するとよいでしょう。これにより、新居での荷ほどきも楽になります。
まずは、使用しない物から順番に段ボール箱に詰めていきます。
一部屋を段ボール置き場と決めて、荷づくりが終わったものから置いていくと、段ボール箱で片付けしにくくなるということも避けられます。
ダンボール箱には、部屋単位で色を決め、段ボール箱の外側にマークしていくことで、段ボール箱の中身がわかりやすくなり、引っ越し先でどこに何が入っているのかわからない、ということもなくなります。
また、引越し先の図面を参考に、部屋ごとに番号を付けて、それぞれの部屋に置く荷物が入っているダンボール箱の外側に大きく番号を書いておくのもよいでしょう。
小物類などは、透明または半透明の衣装ケースに入れると、すぐに中身が確認できます。
さらに、たんすの引き出しに入っている衣類は、そのまま段ボール箱に詰めると、新居でそのまま引き出しにしまうことができます。
その他、タオル、石鹸、洗面用具、着替えなど生活必需品は、まとめて荷造りし、新居ですぐに取り出せるようにしておくことをおすすめします。