ペットの引越しについて

メインイメージ

ペットの引越しについて

ペットの引越し

 

ペットは家族の一員ですので、引っ越し先には、当然、ペットも一緒に連れて行くことと思います。
しかし、遠方への引越しの場合、ペットの輸送費は高額になるうえに、ペットの身体的・精神的負担もかかってしまいます。
近年はペットを飼う方も増えているため、引越しの際にペットに関する問題も出てくるケースが多いようです。
小さい犬や猫であれば、自分の車で移動させることができますが、大型のペットや自動車での移動が不可能である場合、ペットを輸送のことで頭を悩ますことになります。
ペットの輸送にはさまざまな方法があるので、いくつかの業者から説明を受け、信頼できる業者に安心できる手段で運んでもらいましょう。
引越し業者にペットも同時に輸送してもらおうとした場合、ペットはケージに入れられ、他の荷物と一緒に荷台にのせて輸送します。
夏場は荷台の温度も高くなり、冬はかなり冷え込みます。そのため、1時間ほどの移動であっても生命に危険を及ぼすことがあります。
特に、弱っている犬猫、小動物は移動中に亡くなることも考えられます。
万が一、輸送中にペットが亡くなった場合、保険で賠償してもらえます。
荷物の破損の場合、修理したり、同じようなものを買い直すことも可能です。
しかし、ペットの命は取り戻すことができませんので、保証を受けられたからといっても納得できないことが多いでしょう。
このように、ペットに万が一のことがあった場合、お金で解決することができませんので、ペットの引越しには細心の注意が必要です。
ペットを安全に輸送できるといわれているのが航空輸送です。
ペットを空輸する場合、温度や湿度をしっかり管理しながら輸送するため、ペットの負担も軽くなります。