自動車の登録変更について

メインイメージ

自動車の登録変更について

自動車の登録変更手続き

 

引越しをすると、免許証の住所変更をはじめさまざまな変更手続きが必要となります。
住所変更をした場合、自動車の登録変更も必要になります。

 

引っ越し先がこれまでとは異なる陸運支局管内となる場合、新住所の管轄となっている陸運局、または自動車検査登録事務所で変更手続きをしなければなりません。
この場合、ナンバープレートの付け替えが必要となりますので、車で行くようにします。
ナンバープレートの付け替えには1500円程度の費用がかかります。
自動車の登録変更は引っ越し後15日以内に手続きしなければなりません。
手続きをせずに車に乗る方も多いようですが、万が一事故を起こしてしまった場合、ややこしい問題に発展することがありますので、決められた期日内に手続きをするようにしてください。

 

手続きに必要書類
自動車保管場所証明書、印鑑、住民票など変更の事実を証明する書類、自動車損害賠償責任保険証明書
※代理人に手続きを依頼する場合、委任状が必要です。

 

なお、同じ陸運支局管内での引越しであれば、ナンバープレートはそのまま使用できますので、車を持ちこむ必要もありません。

 

車の住所変更手続きの場合、新しい車庫証明が必要です。
自宅の敷地内でも、貸し駐車場でも問題なく車庫証明を交付してもらえますので、自動車保管場所証明申請書を最寄りの警察に提出します。
駐車場を借りる場合、貸主から自動車保管場所使用承諾証明書を発行してもらう必要があります。この証明書は駐車場の賃貸契約書のコピーでも受け付けてもらえます。

 

軽自動車を保有しているのであれば、新住所の近くにある軽自動車検査協会でも登録変更が可能です。

 

引っ越し後は、新住所地で車検証の住所変更、ナンバーの変更、車庫証明を行なわなければなりませんので、所定の手続きを踏むようにしてください。