新聞の解約

メインイメージ

新聞の解約

新聞の解約

 

新聞を購読しているのであれば、引っ越しとともに解約手続きが必要になります。
この場合、遅くとも1か月前までには新聞販売店に解約を申し出なければなりません。

 

新聞販売店の連絡先は領収書に記載されていますが、口座引き落としの場合、連絡先がわからないというケースもあります。
新聞販売店との契約書にも連絡先が記載されているので確認するようにしてください。
もし、わからない場合、新聞配達員に聞いたり、電話帳などで調べてみるとよいでしょう。

 

引越し日が決まったら、なるべく早く新聞販売店に電話をかけ、停止日を伝えます。この時、電話を受けた人の名前を聞いて、メモをすることを忘れないでください。
トラブルを避けるためには解約承諾書など書面で記録を残すことが望ましいのですが、電話など口頭でのやり取りで済ませることが多くなっています。
そのため、解約の連絡をした日時、解約日、電話を受けた担当者の名前だけでもメモをして記録を残すようにしてください。

 

引っ越し直前に、料金は日割清算します。
引越し先で同じ新聞を購読したい場合、現在契約している新聞販売店で手続きしてくれる場合もあります。
また、インターネットで新聞購読の手続きも可能です。

 

近年は、インターネットでニュースをはじめ様々な情報を得ることができますので、引っ越しを機に新聞購読を中止する方も多くなっています。
しかし、引っ越し先の街の情報は新聞や新聞に折り込まれるチラシから入ってくることが多くなっています。
特に、スーパーなどの特売情報は、新聞に入っているチラシからしか仕入れることはできません。
そのため、新居での生活に慣れるまでの間は新聞の購読を続けてみるのも良いのではないでしょうか。