新居の賃貸契約について

メインイメージ

新居の賃貸契約について

新居の賃貸契約

 

新居を借りる場合、貸主との間に賃貸契約を結ばなければなりません。
まずは部屋を見て、その部屋を借りたいと思ったら、入居を申込みます。
入居申込は、部屋を借りたいという意思表示で、入居申込みをしたからといって必ず部屋が借りられるとは限りません。
ます、入居申込者及び連帯保証人について簡易な審査を行い、貸主や不動産会社で問題がないと判断した場合に貸すとの判断をし、賃貸借契約を結びます。
入居申込書の記載事項は不動産会社や物件によって若干異なりますが、一般に、職業、年収、現住所、年齢などを記入することになっています。また、多くの物件では連帯保証人が必要となり、連帯保証人の情報についても記載が求められます。
また、連帯保証人の署名・捺印が必要で、連帯保証人の印鑑証明書の提出も求められますので、引っ越しを決めたら準備をしておくとよいでしょう。
入居申込みをした段階で、申込金、預かり金などを支払わなければならないこともあります。このお金は審査が通った時に、契約金の一部に充当されますので、万が一、審査に通らなかったり、キャンセルする場合は全額返金されなければなりません。
不動産の賃貸借契約は、重要事項説明と同日に、または、重要事項説明の日とは別に行われるケースが多く、内容は重複していることもあります。
しかし、契約書にしか記載されていない事項もありますので、疑問点や不明点があれば、その場で質問し、その回答に十分納得してから契約書に判を押すようにしてください。
不動産の賃貸借契約の場合、物件、貸主、不動産会社によって、契約に立ち会う人に決まりはありませんが、不動産会社または貸主と借主で行うケースがほとんどです。
契約に必要な書類は、入居者全員の住民票、本人確認できる書類、収入証明書、在籍証明書、印鑑などとなっています。