挨拶状の準備

メインイメージ

挨拶状の準備

挨拶状の準備

 

引っ越してから1か月以内に引越しの挨拶状を出すことになっていますので、引っ越しがすんだら早めに挨拶状を出すようにしましょう。
引越しの挨拶状の書き方はある程度決まっています。インターネットで引っ越しの挨拶状について検索すると、たくさんの文例や書き方を見つけることができます。
文例をそのまま利用できるものもありますが、多くの場合、相手や目的に合わせて変更・追加が必要です。例文を自分なりにアレンジして、オリジナルの挨拶状を作ってみるのもよいでしょう。
挨拶状の書き方について学習しておくことで、きちんとした挨拶状を書くことができ、受け取った方にも好感を持ってもらえます。

 

冒頭では、簡単に時候の挨拶をし、相手を気遣う文章を続けます。
次に、引っ越した旨、お知らせする文章を書きます。
また、引っ越し先の周辺はどのような場所であるのか、など、その地域の特徴を書き添えるとよいでしょう。

 

文末には新住所と連絡先を書き、読み方が難しい地名であればふりがなを振ってあげることをおすすめします。

 

このように、引っ越しの挨拶状とは、いきなり新住所や連絡先を書くのではなく、簡単な挨拶をしたうえで、引越しをしたということを連絡するといった形式になっています。

 

引越し直後は、何かとバタバタしているため、挨拶状の作成が遅くなりがちです。
新住所が決まったら、事前に挨拶状を準備するか、業者に挨拶状のはがきの作成を依頼することをおすすめします。