引越し業者で取り扱えないもの

メインイメージ

引越し業者で取り扱えないもの

引越し業者で取り扱うことができないもの

 

引っ越し業者では、万が一の場合に保証ができないもの、他のものに損害を及ぼす可能性があるもの、生体などは、運べません。

 

植物やペットなど、保険がかけられるものについては、業者によって扱いが異なります。

 

一般に、ペットや貴重品は、自分で運ぶようです。
引っ越し業者から運ぶことができないものであっても、専門業者では取り扱ってくれるものもあります。引っ越し業者で不可となっているもので、自分でどうしても運べないものがあれば、専門業者に相談してみるとよいでしょう。
くれぐれも業者に内緒で段ボールに詰めて、強引に運ばせてしまうことがないようにしてください。後でトラブルを起こす可能性があります。

 

以下に、引越し業者で取り扱えないものを挙げます。

 

・火薬類、灯油など可燃性があるもの
・現金、有価証券、預金通帳、キャッシュカードなど
・鍵類(自転車、金庫、机など鍵類はすべて不可となっています)
・骨とう品や美術品など貴重品
・植物
・ペット
・生の食品
・紙袋や布袋に詰めた荷物
・不潔なもの

 

小物の整理には骨が折れますが、今は使わないからと、エアコンやテレビのリモコンを段ボールに詰めると、なくしてしまったり、新居ですぐに使えないなど不便を感じることになります。
そのため、リモコンなどは自分で運んだほうが無難です。

 

また、高価な美術品や骨董品などは、輸送中に破損する恐れがあるため、専門業者に頼むことをおすすめします。