引越し料金を安くするには

メインイメージ

引越し料金を安くするには

引っ越し料金を安くするためには

 

入学や就職、新学期を迎える準備をする2月〜3月は、1年を通じて最も引越しが多くなる時期です。
そのため、この時期はどの引っ越し業者も引越し料金を割高にしています。
また、その他の時期でも、希望者が多い大安の日には、料金を高めに設定しています。
繁盛期には、引越業者も人で不足になり、アルバイトを雇うことも多く、料金の値引きは期待できません。
もし、引っ越し費用を抑えたいのであれば、引っ越しする人が少ない時期と言われている11月〜1月に引っ越すことをおすすめします。
引っ越しが少ない時期であっても、引っ越し業者では人員を確保していますし、トラックなどの維持経費は必要になりますので、多少料金を割安にしてでも仕事がほしいと考えています。

 

また、引っ越し件数が少ない時期であれば、交渉することで、大幅な値引きをしてくれる可能性もあります。
さらに、引越し料金は曜日によっても大きく異なります。土日祝は高めの料金設定になっていて、平日は安いという引越し業者が多くなっていますので、引越し費用を節約したいのであれば、平日の引越しをおすすめします。

 

引越しの時間帯によっても料金が変わってきます。というのは、多くの方が朝から作業を開始し、夕方には終わらせたいと考えています。
そのため、引越業者は午前中は忙しく、午後は件数が減るため、午後便の割引サービスを展開しているところもあります。
その他、荷造りと荷解きを自分で行えば、料金をかなり抑えることができます。
ダンボールを業者が依頼するのではなく、スーパー、コンビニなどで、もらってくることでダンボールの費用を抑えることができます。
引越し料金を格安にする方法はこのようにたくさんあるのです。