引越し料金はどのようにして決まる

メインイメージ

引越し料金はどのようにして決まる

引越し料金はどのようにして決まるのか

 

引越し料金に関しては、不明確であると感じている方が多いようです。
引っ越し料金は、荷物の量や質により大きく変わってきますが、実際には何にどのくらいの料金がかかっているのか、わかりにくいという声を良く聞きます。

 

まずは引っ越し料金がどのようにして決まるのか調べて、引っ越し料金の相場を知っておくとよいでしょう。

 

一般に引っ越し料金は、基礎運賃に実費とサービス料を加えた金額となります。さらに、実費やサービス料が加わることもあります。

 

基礎運賃とは、国土交通省により定められている、または、届出を必要とする「引越約款」基づいて決定します。そのため、法外な料金が設定されることはありません。

 

基礎運賃には、時間制と距離制が採用されています。
時間制には、「4時間」と「8時間」の2種類があり、1時間を超えることに追加料金が発生します。
距離制については、基礎距離を100km(軽貨物業者の場合は30km)とし、100kmを超えると追加料金が発生します。
またトラックの大きさや荷物の量によっても基礎運賃は変わります。

 

実費には、引越作業員の作業料、ダンボールなど資材費、高速道路の料金などが含まれます。

 

サービス料には、エアコンの取り付け・取外し費用、ピアノの運搬費、不用品の処分料などがあります。これらのサービスを引越業者が対応している場合は、比較的割安な料金で済みますが、提携業者に依頼するとなると、料金が高くなることもあります。

 

なお、引っ越し業者が手付金などを請求することは引っ越し約款で禁止されていますので、万が一、請求されたとしても払わないようにしてください。