引越しの荷造り(自室)

メインイメージ

引越しの荷造り(自室)

引越しの荷造り(自室)

 

自室は、自分のものがあふれかえっているというケースが多いのではないでしょうか。
自分のものは自分自身で整理しなければなりません。
引越し先で、何がどこにあるのかわからないということがないよう、特に、大事なものはどこに詰めたのか把握しておかなければなりません。
クローゼットには衣類をたくさん収納している方もいると思いますが、衣類をそのままダンボールに詰めていくのではなく、まずは、要るもの、要らないものに分けてください。
引っ越し業者では独自のハンガーボックスを用意しているところもあります。そのため、業者からハンガーボックスを用意する旨、説明があった場合、ハンガーにかかっている洋服についてはそのままにしておき、引越し当日にハンガーボックスに収納します。
プラスチックの収納ボックスや木製の衣装ケースを使用している場合、これらはそのまま運ぶことが可能ですので、中身を出してダンボールに詰め替える必要はありません。
タンスなどで、ハンガーにかけている衣類も、そのままにしておいても問題ありません。
ただし、引き出しにある衣類や小物類は全てダンボールに梱包しなければなりません。

 

ベッドは、引越し業者がそのまま運んでくれます。
もし、解体しなければならない場合は解体してから運び、引越し先でも組み立ててから設置します。
もし、引っ越し先に、照明器具が設置されていない場合、自腹で照明器具を購入し、設置しなければなりません。
現在の住居で、照明器具を設置する際に電気工事を行った場合、器具を取り外すにあたっても電気工事が必要です。