引越しの荷造り(書斎)

メインイメージ

引越しの荷造り(書斎)

引越しの荷造り(書斎)

 

書斎には、本、文具、書類、PCに関するものなど、こまごまとしたものがたくさんあるのではないでしょうか。
これらのものについては、使用頻度の低いものからダンボールに詰めていくとよいでしょう。本は重量がありますので、本の上には軽いものを詰めてバランスを取り、段ボールの底が抜けないようにするとよいでしょう。
棚に並んでいる順番に詰めていくと、引っ越し先でそのまま棚に並べられ、荷ほどきが楽になります。
不要になった本は、廃品回収に出したり、古本屋に売ったりなどして、荷物を軽くするとよいでしょう。
ノートやアルバムなどは、寝かせた状態で重ねて詰めていきます。文房具類は、引き出しごとに新聞紙などで仕切ったり、包んでおくと、荷ほどが 楽になります。
机、本棚などの家具類やパソコンは引っ越し業者で梱包します。
ハードディスクなどの電子部品やメモリ装置は、ちょっとした振動で故障することもありますので、念のためバックアップを取っておくことをおすすめします。
なお、引っ越し業者では、引っ越しの際のハードディスクなどの故障、データの破損、ソフトウェアの不具合について一切保証をしてくれません。
特にパソコンは、破損の原因が運び方に原因があるのかどうか、判断しにくいため、ノートパソコンは自分で運んだほうが安心です。
配線ケーブルには一つずつ、番号を書いたシールを張り、どこに差しこんでいたのか分かりやすくするとよいでしょう。
パソコンの画面は、エアパッキンで保護したり、段ボールを当てるようにすると、破損を防ぐことができます。