引越しの荷造り(リビング)

メインイメージ

引越しの荷造り(リビング)

引越しの荷造り(リビング)

 

リビングの荷造りに頭を悩ませる方が多いようです。
まずは、DVD、雑誌、サイドボード、カップボードなど日常的に使用しないものから順番に片づけていくとよいでしょう。
ダイニングテーブルや椅子などは、引越し業者で梱包してくれますので、引越し当日までそのまま使用していても大丈夫です。
また、リビングに大型テレビを置いている人はたくさんいると思います。大型テレビの場合、当日に引越し業者が梱包してくれることが多くなっています。
問題になるのは、引っ越し先で配線を引越し業者がやってくれるかどうかという点です。
引き受けてもらえる場合でも、有料となることもありますので事前に確認が必要です。
引越し業者が新居で配線をしてくれるのであれば、配線を勝手に抜かないようにしてください。
テレビのリモコンは新居で設定する際に必要になりますので、段ボールなどに入れないで直接持って行くとよいでしょう。
ビデオやDVDについても大型テレビと同じく、引越し業者が梱包してくれることが多くなっています。また配線についても、業者でやってくれるのか、有料となるのか、確認しておくとよいでしょう。
家具はそのまま運びますが、中に入っている小物類は、引越し当日までにダンボールに詰めるようにします。CDやDVDなど割れ物は、エアパッキンや新聞紙などで包んで保護するようにしましょう。
サイドボードやカップボードなどの家具は、引越し業者で梱包してくれますが、本やお酒などは当日までにダンボールに詰めておきます。
引っ越しを機に、必要なものといらないものを分けていき、いらないものを思い切って処分すると新居ですっきりします。