引越しの荷造り(キッチン)

メインイメージ

引越しの荷造り(キッチン)

引越しの荷造り(キッチン)

 

キッチンには、スプーン、フォーク、お箸など、小物類がたくさんあります。
その他、鍋や食器などがたくさんあり、これらは壊れ物であるため、荷造りにも余計に手間がかかります。
スプーンやフォークなど小さめの道具は、大きさを揃え、何本かずつまとめてキッチンペーパーなどに包んで、食品保存用ビニール袋に入れ、輪ゴムなどで留めるとよいでしょう。
引っ越し先で洗い直しの手間を省くためには、食品保存用ビニール袋を使用することが一番です。これにより、臭いが小物類に移ることを防げます。

 

また、キッチンツールなどの壊れものは、ダンボールのなかで動かないように上手に詰めるようにします。どうしても隙間ができてしまい、段ボールを運んでいる間に動いてしまいそうであれば、フキン、タオル、新聞紙などで埋めていくとよいでしょう。
台所良い品については、基本的に、重いものを下に、軽いものを上に入れるようにします。
鍋などは、ふたを外し、大きいものを一番下に詰め、小さいものをその上に重ねるようにして詰めるとよいでしょう。
鍋と鍋は移動中にぶつかりあったりしてへこみや傷ができることもあるため、間に紙やクッション材を入れることをおすすめします。
鍋はそれほど重さはないため、大きめの段ボールに大量に詰めても大丈夫です。
もし使いかけの調味料がある場合、漏れると他の荷物にかかり、後始末が困難になるため、厳重に梱包することが重要です。
液漏れを防ぐためには、ふたの部分にビニールテープを巻くようにしてください。
段ボールに詰める際にもクッション材で包んでから入れるようにしましょう。
他の荷物との間にすき間が出来てしまう場合、タオルや新聞紙などを詰めて、動かないようにしてください。
なお、食器棚、冷蔵庫、電子レンジなど大型の荷物は引越し屋さんに任せるようにしましょう。