引越しの流れについて

メインイメージ

引越しの流れについて

引越しの流れについて

 

新しい住居が決ったら、引っ越し業者を探さなければなりません。
引越しするにあたっては、単に荷物を運ぶ以外にも、様々な手続きや手配をしなければなりません。
自分でやるのか、引越し業者に頼むのか、そしていつ引っ越すのか、などなるべく早く方針を決め、申し込み手続きなどを進めていきます。
引越しの日程が決まったら、新しい住居、元いた住居を大家さんに早めに連絡します。
また、引っ越しの際には見積もりを取る方が多いと思いますが、数社から見積もりを取るようにしましょう。
引越し会社に依頼しない場合、レンタカー手配や人手の確保を自分で行わなければなりません。
同時に、エアコンなどの取り外しをどうするかについて、考える必要があります。
コンセントや窓の位置により、配置パターンが限定されてしまいます。
レイアウトが決ったら、引っ越し当日までに、わかりやすい配置図を作っておくと作業がスムーズになります。
部屋数が多い場合、部屋ごとに荷物を色分けをし、荷物にも同じ色を使って目印をつけておくと良いでしょう。
もし、不要品があったら、思い切って処分します。
荷物が少なければ、当然、その分引越しも楽になります。
そのため、何年も袖を通していない服や、前の引越し以来使っていない荷物も整理して、不要なものは処分するか、リサイクルショップも持っていくとよいでしょう。
粗大ゴミは、早めにお住まいの市区町村の粗大ゴミ受付センターに依頼を頼みましょう。
またお子さんがいる場合は、引越しが決まり次第、転校の手続きを取る必要があります。
市区役所に転出届を出し、転出証明書を発行してもらいます。

また教育委員会から異動票を発行してもらい、通っている学校に提出します。
大まかに引越しの流れを簡単に紹介しましたが、やるべきことはたくさんあるようです。