引越しに適した日とは

メインイメージ

引越しに適した日とは

引越しに最適な日とは

 

昔から日本では、冠婚葬祭の際に、日柄を選ぶという風習があります。
引っ越しも冠婚葬祭の祭ごとになっており、多くの方はお日柄を気にするようです。
お日柄とは、暦上、縁起の良い日のことです。

 

しかし、実際に引越しに適した日とは、

 

暦上、縁起が良い日、つまりお日柄のいい日を選ぶ人もいるようですが、現実的には、お日柄が良いかどうかではなく、晴天の日がスムーズに作業を行えます。
雨の日は、引っ越し作業に支障をきたすことが多くなっています。
家具の搬入の際、どうしても雨に当たってしまいますので、台風や梅雨の時期など悪天候の日が多くなるシーズンの引っ越しは避けるようにしたいものです。

 

・行楽シーズンを避ける
行楽シーズン、帰省シーズン、連休などには、たくさんの荷物を積んだ運搬車が多くなります。
このため、道路が混雑し、予定よりも目的地に着くまでに時間がかかってしまう可能性があります。
その他にも、地域のイベントがある時期や道路工事が多くなる時期は避けるようにしましょう。

 

また、家族、親せき、親しい友人など作業を手伝ってくれるというのであれば、仕事やイベントがなく、多くの人が集まれる日に引っ越し日を設定するとよいでしょう。
家族や友人の休日など、仕事や学校に影響がない日を選ぶことをお勧めします。

 

最後に、やはりお日柄の良い日に引っ越したほうが良いでしょう。
仏滅を避け、大安や吉日など、お日柄の良い日を選ぶと良いのではないでしょうか。

 

引っ越し業者の中には、お日柄の良い日の引っ越し料金を高く設定しているところもありますので、事前に費用については確認するようにしましょう。