カーテンの買い替え

メインイメージ

カーテンの買い替え

カーテンの買い替え

 

引越しとなると、礼金や敷金、仲介手数料、引っ越し料金、不要物の処分、新居で必要なものの買い足しなど、何かと出費がかさみます。
新居に合わせて家具や電化製品の買い替えなども必要であるとは思いますが、引越し当日までに用意しなければならないのが、カーテンです。
これまで使用していたカーテンを新居で使うことができれば一番良いのですが、窓のサイズが異なると、新調することが必要になります。
さらに、引越し先によっては、カーテンレールが付いていない場合もあります。
この場合、カーテンレールを購入し、自分で取り付けるか、カーテンの専門店に取り付けてもらわなければなりません。
新居の窓のサイズが小さい場合は、これまで使用していたカーテンでも代用するが可能ですが、これまで使用していたカーテンでは短すぎたり、幅が足りない場合、採寸をして、窓のサイズに合ったものを用意しておくことをおすすめします。
引っ越してすぐにすべての窓にカーテンを付ける必要はありませんが、外から丸見えとなる場所のカーテンは引っ越してすぐに取り付けなければなりません。
引っ越し先が決まったら、すぐにカーテンを取り付ける必要がある部屋の窓のサイズを確認するようにしてください。また、カーテンレールの有無や、カーテンレールの種類の確認も必要です。
まずは、引越しの費用について検討する場合、カーテンの買い替えが必要かどうかも考慮し、予算を組んでいくとよいでしょう。
まずは、必要な分のカーテンを準備し、それ以外の部分は、新居に移ってから、ゆっくり選ぶようにすると失敗することも少なくなります。